残渣分解資材「分解ヘルパー631」

生きた微生物が残渣を分解「分解ヘルパー631」

出光アグリ㈱より、残渣分解資材『分解ヘルパー631』が発売されております。有効菌群(バチルス菌)を生きたままの状態で含んだ資材です。

粒径2.5㎜

ペレット状で機械撒きが可能で、粉立ちが少ない資材です。

収穫残渣など未熟有機物・緑肥を速やかに分解、腐熟化

・一般的な腐熟促進資材、石灰窒素と比べて倍速

・罹病(病気のついた)残渣を速やかに分解することにより、病原菌の増えにくい圃場環境整備

土壌消毒剤との併用・近接処理ができる

※テロン・D-Dとの併用でも分解ヘルパー枯草菌(バチルス菌)は生き残ります。

太陽熱消毒、堆肥発行などの使用方法があります。

バチルス菌について

  • 自然界にいる納豆菌の仲間であり、安心して使用いただけます。
  • 分解能が優れた菌を選抜し、配合しています。
  • 10 〜 60℃で活動するため、太陽熱消毒をしても分解活動を続けます。
  • 芽胞を形成するため、長期間の保存が可能です

未熟有機物・前作残渣が残っていると病気蔓延、害虫産卵・幼虫繁殖による次作への影響や被害を及ぼす可能性があります。

作物の収穫作業が終わり畑を片付けるタイミングで使用していただけると効果を発揮いたします。

「土の健康管理」に是非お役立ててください。

ご興味あります方、お求めご希望の方はお手数ですがメール、またはFAX・お電話にてお気軽にお問い合わせください。

弊社へのお問い合わせは下記よりお願い致します。0296-48-0188受付時間 8:00-18:00 [ 日除く ]

で問い合わせる

Follow me!