『RACコード』でローテーション防除(殺虫剤)

(殺虫剤編)『RACコード』でローテーション防除の名人に

農薬には沢山の種類があり、自分ではローテーションしているつもりでも同じ系統の農薬を(例えば、フェニックス→プレバソン→ベネビアと続けて)使っている場合もあるかも知れません。同じ系統の農薬を使い続けると虫や菌に効かなくなってきてしまいます。

お気に入りの農薬を長く使うためにも、『RACコード』を気にしてローテーション防除を心掛けてください。

今回は、IRACコード(殺虫剤)について記載しております。

IRACコードサブグループ主な農薬
1Aカーバメート系オンコル、ガゼット、デナポン、バイデートL、ランネート
1B有機リン系EPN、エルサン、オルトラン、カルホス、サイアノックス、スプラサイド、スミチオン、ダイアジノン、ネキリエースK、ネマキック、ネマトリン、マラソン、ラグビー
2A環状ジエン有機塩素系ペンタック
2B(フィプロール系)
フェニルピラゾール系
キラップ、プリンス
3A(合ピレ)
ピレスロイド系
ピレトリン系
MR.ジョーカー、アーデント、アグロスリン、アディオン、サイハロン、テルスター、トレボン、ハクサップ、フォース
4Aネオニコチノイド系アクタラ、アドマイヤー、アルバリン、スタークル、ダントツ、ベストガード、モスピラン
4Cスルホキシミン系エクシード、トランスフォーム
4Dプテノライド系シバント
4Eメソイオン系ゼクサロン
5(マクロライド系)スピノシン系スピノエース、ダブルシューター、ディアナ
6(マクロライド系)
アベルメクチン系
ミルベマイシン系
アグリメック、アニキ、アファーム、コロマイト
7C(IGR)ピリプロキシフェンプルート、ラノー
9B(IBR)ピリジン アゾメチン誘導体チェス、コルト
10A(IGR)クロフェンテジンヘキシチアゾクスジフロビダジンカーラ、ニッソラン
10B(IGR)エトキサゾールバロック、ダニメツ
11ABT剤エスマルク、サブリナ、ゼンターリ、チューンアップ、トアロー、バシレックス、フローバック
12Aジアフェンチウロンガンバ
12Cプロパルギットオマイト
12Dテトラジホンテデオン
13ピロールコテツ
14(ネライストキシン系)
ネライストキシン類縁体
エビセクト、パダン、ルーバン、リーフガード
15(IGR)ベンゾイル尿素系アタブロン、カウンター、カスケード、ノーモルト、マッチ
16(IGR)ブプロフェジンアプロード
17(IGR)シロマジントリガード
18(IGR)ジアシル-ヒドラジン系ファルコン、マトリック
19アミトラズダニカット
20Bアセキノシルカネマイト
20Cフルアクリピリムタイタロン
20Dビフェナゼートマイトコーネ
21AMETI剤サンマイト、ダニトロン、ハチハチ、ピラニカ、マイトクリーン
22Aオキサジアジントルネードエース
22Bセミカルバゾンアクセル
23(IGR)テトロン酸及びテトラミン酸誘導体ダニエモン、ダニゲッター、モベント
25AB-ケトニトリル誘導体スターマイト、ダニサラバ
25Bカルボキサニリド系ダニコング
28ジアミド系フェニックス、プリロッソ、プレバソン、ベネビア、ベリマーク、ヨーバル
29フロニカミドウララ
30メタジアミド系グレーシア、ブロフレア
不明ピリダリル 等スラゴ、プレオ、モレスタン、ファインセーブ、ビーラム、リディア、ダニオーテ、オーケストラ、エミリア
※ IRAC8土壌消毒剤、燻蒸剤、混合剤、殺虫殺菌剤、気門封鎖剤は除く。有効薬剤がない24A、24B除く。

※病害虫の防除を行う場合は、化学農薬の使用のみに頼ることなく、耕種的、物理的、生物的な防除対策を積極的に導入して、病害虫の多発生を招かないような圃場環境づくりに努めることが大切です。

病害虫が発生する前に、予防散布を心掛けていただき、キレイな収穫物が出来た場合は『自分は消毒上手』と褒めてあげてください。虫や病気が入ってしまってから慌てて散布しても食害痕は消えませんし、病気も元通りにはなりません。圃場のロスを失くし反収率を上げるためにもローテーション上手になりましょう。

 ・殺虫剤,殺ダニ剤(殺虫剤(IRAC) (PDFファイル)(152KB) : 農薬工業会HP農薬情報局参考)

 ・殺菌剤 (殺菌剤(FRAC) (PDFファイル)(178KB) : 農薬工業会HP農薬情報局参考)

 ・除草剤(HRAC)外部リンク (農薬工業会(https://www.jcpa.or.jp/)のホームページに移動します。リンク先のExcelファイルを参考にしてください。)

Follow me!